新潟県専門に電子カルテ&レセコンを販売

AIによる治療計画支援システムが評判です。

オプテック新潟は、歯科レセプト&電子カルテの販売・サポートを新潟地区専門で行っている会社です。
新潟の歯科医ユーザ様には、「地域密着のサポートが迅速で親切」ということで大変喜ばれています。 オプテック新潟の歯科レセプト&電子カルテシステムは、SOAP式カルテで有名なオプテック社の歯科電子カルテを新潟地区専用にカスタマイズしたものです。 サポートにおいては、特に新潟県特有の保険請求のアドバイスや介護請求のマネージメントなど「歯科医院の経営向上に役立つ品質の高いサービス」を提供させていただいています。
私たちオプテック新潟では、今後も新潟県内の歯科ドクター密着のサービスを全身全霊で提供していきます。

先生の声

コンピュータの長所を最大限利用した電子カルテ

金谷 院長

きたしろ歯科診療所 金谷 院長
〒943-0825 新潟県上越市東本町5-2-59
TEL:025-526-8118
金谷先生は、パシフィコ横浜で開催された第6回ワールドデンタルショーにおいて「ハンドピースの洗浄・注油・滅菌を常識に」と言うテーマでセミナーを行いました。

歯科診療所では、レントゲン、CT、口腔内写真など様々なツールやそのためのコンピュータのソフトを使用する機会が増えてきました。 電子カルテのオプトワン はそれらのコンピュータのソフトを全て統合して使用することができるため、診療に非常に助かっています。 普通の診療におけるカルテ入力はもちろん、インターネットを通じてのサポートやソフトの更新も非常に助かる機能です。
また、同じコンピューター上で他のソフトを動かしても全く問題がないために、コンピュータを本当にコンピュータとして使用できる数少ないレセプトコンピューターだと思います。 レセコンのみしか使用できないコンピュータではなく、患者さんのためにコンピューターをフル活用していく時代が必ず来るように思います。

カルテ開示は大丈夫ですか?

  • レントゲンの所見が記載されていますか?
  • 補診の所見が正しく記載されてますか?
  • スタディモデルの所見が正しく記載されていますか?
  • 顎運動検査の検査名の検査結果が正しく記載されていますか?
  • 手術の術前・術後の検査結果が正しく記載されていますか?

これらはあくまでも例です。患者さんから開示を求められたら、大丈夫ですか?
電子カルテのオプトワンを利用すればSOAP式カルテで簡単に作成できます。
カルテとは患者さまがどのような症状で来院し、歯科医師(医師)がどう判断し、検査し、どう治療したかの記録であり、 その歯科医師(医師)がのちに確認するだけではなく第三者に対しての報告にもなるものです。
SOAP式カルテ記載では、患者さまの抱える問題ごとに主観的データ・客観的データ・評価・治療計画を記入していきますので、 患者さんにわかりやすいカルテ記載になります。

疑義 訪問歯科衛生指導料

ここ最近、関東信越厚生局の動きが活発化しているようです。
新潟に限った事でもないと思いますが、特に在宅医療に関する疑義事項の事実確認として照会文章が綿密に各歯科医院様に向けて発行されているようです。 当社オプテック新潟としても、相談件数からして、かなり集中的に審査をする意向と読み取りました。 確認した内容としては、

  1. 要介護認定を受けている患者さんに対して、介護保険ではなく健康保険で算定してある。
    「歯科訪問衛生指導料」や「歯科訪問診療料」を算定していた場合、過去にさかのぼって、査定、患者様にも返金の必要があるとの事
  2. 届いた照会文章で事実確認が必要な患者さん以外にも同様のケースがあるか否かなど
  3. 照会の事実関係と相違があり、なにか理由がある場合は理由を書く、
  4. 過去2年半ぐらいの長期にのぼって縦覧チェックでかつ速達、親展で届く
など、縦覧点検についても今年4月の保険改定後、特に強化された内容ですが、 手書き時代と違い、今はコンピューターもカルテ、レセプトを時系列に保険チェックできる時代になっていますし、 カルテも内容を絞り込んで時系列で参照できるわけですから、ずいぶん楽にはなっていると思います。
さて、最後に当社オプテックグループの製品Opt.one(オプトワン)の宣伝ですが、全国版の厳しい審査にも最高のチェック対応をみせていますので安心安全!
さらに、歯科レセコンのなかでも最初に介護保険や施設請求書まとめ業務を行っていた介護保険のレセコン機能でも有名な歯科カルテシステムOpt.oneオプトワン)では、 ノウハウにより、強力チェック機構で間違いを防ぎ、いつものカルテ入力とまったく変わらない簡単さが特徴です。

歯科レセコンの選び方

歯科レセコンシステムとは、その名の通り歯科医院のレセプトを審査支払機関に対して請求する事を焦点に開発されたシステムで、 歯科医院の医療事務、会計をサポートする商品です。
様々な診療科がありますが、「歯科」につきましては現在のところ、「カルテシステム」より「レセコン」の利用者数が大半に及びます。 当社オプテック新潟でも、カバーしている新潟県では60%以上の歯科医院において「レセコン」を利用しているとの調査結果です。 最近では歯科医師のカルテコンピュータ入力に対するニーズと、行政指導等の強化などの環境の変化からか、 カルテシステムの需要が増え、オプテック新潟としてはレセコンではなく、カルテシステム導入の機会が増えた感触です。

〔レセコン〕多くの歯科医院ではおなじみのシステムですね
メインの機能は審査支払機関に対して診療報酬の請求を手間なくこなすというものです。 診療の保険点数を中心に入力する仕組みです。他には患者さんに対して領収書や診療明細書を発行できたり、 歯科衛生実地指導文や歯科疾患管理の帳票類など、歯科医療保険で義務づけられている用紙だったり、 歯科医療事務を全般的にカバーするところが特徴となっています。
最近ではカルテの内容を充実させる風潮と利用者の多さから、レセコンのような医療事務機であってもカルテ内容を追加できるようになってきました。 ただ、あくまでも保険点数入力をメインに設計されていますから、利用する歯科医師の意図にかかわらず、医療事務、売上入力が中心の動きになります。 詳細の入った売上伝票の台帳を作成すると言うのが一番近いかもしれません。

歯科レセコンについてよく分かる解説・・目的・・
一般的に出回っていいる歯科レセコンシステム設計は,なにを意図されてつくられているか?
それはやはり歯科医療事務と会計です。このニーズに合致した時は非常に有能なソフトウェアと言えます。 昔と違い、保険請求のルールだったり保険請求算定ミスも高性能に防いでくれます。 会計もスムーズでしょう。
ではカルテを入力したいと考えている歯科医師の場合、ほとんどの歯科医師の本心は医療保険入れて売上入力。。。 ではない思いますので、ニーズから外れます。

歯科レセコンの失敗しない選び方・・

先程、ニーズだったり目的の話を致しました。実のところいたって簡単です。

「歯科医療事務と会計をしたい」
まさにレセコンの需要です。Opt.Oneレセカルと言う商品がございます。非常に高性能なレセコンシステムで、現在の歯科業界では最も最先端の技術で設計してあります。 新潟では医療事務一つとってしても、普通のメーカーさんなら学校医療だったりちょっと複雑になると紙レセプトの手書き修正になっていたりと対応不足な状況です。 もちろんOpt.Oneレセカルは完璧に対応しております。ストレスフリーなのでお勧めです。

「歯科医師の私はカルテをコンピュータ入力したい」
この場合のニーズはレセコンではありません。 もう一つのラインナップ、Opt.Oneという電子カルテシステムをお勧めしています。 現在の新潟では、医療事務会計ができるものと、できないものとにわかれているようです。 Opt.oneは対応しているのでご安心ください。現在のところ、医科歯科病院ぐらいでしか競合していません。 一般的にでまわっている電子カルテと名のつくメーカーさんは、実のところ中身がレセコンだったりしますので、失敗しないように注意も必要です。

Contact Me

電子カルテや訪問診療・介護保険請求のことなど、 何でも遠慮なくご相談ください。 経験豊富で親切・笑顔の専任オペレーターがお待ちしております。 お電話か問合せフォームでお願いします。

株式会社オプテック新潟
〒956-0022 新潟県新潟市秋葉区さつき野1丁目4-27
TEL 0250-47-8880