新潟県の審査 監査の状況は!?


こんにちは、新潟でおすすめのレセコンと、電子カルテシステム
を取り扱うオプテック新潟の「たけさん」です。
今回は現在展開している個別指導などの行政の動きについて
お知らせです。


歯科新聞記事について



平成23年1月18日の日本歯科新聞で平成21年度の指導・監査状況が公表され、見出しによると 歯科『個別』1337件とありました。
現行制度では過去最多の件数だったようで歯科新聞の記事となったようです。

 
新聞記事となった理由を考察すると、歯科の個別指導件数が目立っていることがわかります。 

 
現実に、平成16年度あたりから歯科に対する個別指導は増え続け、
21年度にいたっては、歯科個別指導件数の増加量割合は医科や調剤も含めた全体の6割近くを占めているそうです。
476b96bf30fd7e57ec065d154c23bfac_s
今後もさらに増加の方向性との事。

 
問題の21年度の歯科個別指導件数を各県ごとに見てみると神奈川県が最も多く、なんと191件、
ではオプテック新潟の活動エリアである
新潟県の場合はどうでしょうか?

 
新潟県の場合は全国的に少なく4件でした。
少なすぎて怖いぐらいです。
ただ、新潟県においても年々増加傾向で、
ある歯科医師の情報によると

『これからは締付が強くなるので気をつけましょう』

と勉強会の際、個別指導や監査などの行政指導が活発化している事を裏付ける話があったそうです。


歯科医師の意図は本来正解



ほとんどの歯科医師は患者さんの為に丁寧な診療をして、
患者さんの気持ちをわかろうと日々努力されているだろうと
思います。
私としても、それで確実に良いと思います。

 
しかし、歯科医師の皆さんが審査、指導に直面したら
きっと審査、指導対策の為にカルテや帳簿を
見直す事となるでしょう。

 
そして、審査や指導に対してのイメージは大変煩雑。
なんでここまで、、といった気持ちになるのでは

 
この煩雑さの原因は歯科医師の皆様に向けて商品化されている
歯科医院向けシステムとして一般的な歯科レセコンの
設計上の問題であるとと言ってしまっても良いでしょう。

 
歯科医師の意思や意図とは関係なく
レセコンとはもともと基幹となる設計が医療事務、会計です。

 
それだけならまだ良かったのですが、カルテの需要が出てきた際、新しいものは作らずに、基幹である事務会計のシステムに対し、コメントを後付で入力していく機能を追加してきました。
基幹が変わっていないので、煩雑になるのは当然ですね。


個別指導と歯科医師のカルテ



審査や監査のポイントは根拠です。

 
そこで、オプテック新潟としてはカルテをコンピュータ入力したいと考えている歯科医師に対しては、歯科レセコンのラインナップではなく、歯科カルテシステムというラインナップをおすすめしたいと考えております。

 
カルテシステムの設計は、レセコンとは違いこれまでにない新たな設計のソフトウェアです。

 
『患者の病気を治す事を目的に、必要な情報をもとに医療計画を立てて、医療スタッフの意識が同じ方向を向く』
無題2
という、本来医師の管理したい情報を
きちんと記録できる上に医療事務を考えるという
手間から開放されます。

             
カルテ本来の目的はもちろん、例えるなら
事業者の顧客に対する、計画書と報告書のシステムに
近いものです。
性質上、審査や監査についても
具体的な根拠を提示できるはずですよ。


オプテック新潟より、アドバイス



審査、指導のマニュアルもございます。
資料をお問い合わせください。

具体的なチェックポイントもお分かり頂けると思います。
アドバイスもお任せください。
その他、厚生労働省や関東信越厚生局の個別指導や監査にかかわる資料や
実際に指導をうけた内容など、

きっとお役に立つ資料もございますので
一度お問い合わせください!!
もちろん無料です!
 


トップページはこちらです。
歯科用電子カルテ オプテック新潟