新潟県の子どもの虫歯 驚きの少なさ


こんにちは、新潟の歯科電子カルテシステムと言えば
オプテック新潟の「たけさん」です。
今回は新潟県の虫歯事情についてお話いたします。


新潟県、子供の虫歯



f18b24907375f75a31e06d17433d6d4b_s
新潟県では子どもの虫歯が日本一少ない都道府県と
認定されています!!
ご存知でしたか!?

しかも11年連続で日本一小児の虫歯が少ない県となっており子どもの虫歯が驚くほど減少、と次のように取り上げられています。

参考WEBサイト
★健康にいがた21『新潟県の歯科保険30年の成果』

いかがでしょうか?
大変良いことであることに違いはありません。


これまでの虫歯に対する取り組み



参考サイトによると、子どもの虫歯を半減させる活動は
昭和56年からスタートし、平成22年度までの
統計内容を取り上げているようです。

活動以前の昭和55年度と比較した場合


  • 虫歯の数は?
     12歳小児の虫歯の数はなんと1/6に減少
  • 虫歯がない子どもの割合は
     保育所 幼稚園  13.6%(昭和55年) → 66.2%(平成22年)
     小・中・高校生  20.4%(昭和55年) → 72.5%(平成22年)
  • 歯を抜く事になったりして失う本数は
     小・中・高校生  1/21に大幅減少!!

歯科医師の先生方の努力の結晶みたいなものですね!

数字にあらわれています。


予防 虫歯 歯周病



虫歯や歯周病の減少は、
その後人体に影響するような重大な疾病を水際で食い止める、
という観点からも非常に有効と言えます。
5e7fe52ee4b63b14e7761c8cc4abd26c_s
 
欧米では高く評価されている「予防」への視点を、皆さんが
意識できるような
広告宣伝をもっとした方が良いと思います。

 
病を水際で食い止める歯科医師という立場を
広く認知して頂けるような活動をオプテック新潟も心がけます。

補足致しますと、
歯医者さんは単純に虫歯をなおすところ、
という考え方は日本の少数派だという事です。

 
やはり、いかに病気を防ぐか?という視点にたった
欧米諸国の「予防」の考え方の方が一般的で
大多数派です。
当然正統派でもあります。

 
皆さんももっと視野を広げるべきで、
歯科医師もどんどんそのような活動を
強化すべきと考えております。



オプテック新潟という会社



当社製品は歯科医院に対して電子カルテシステムの
サービスを提供しております。
電子カルテの特徴は、
患者さんにも分かりやすい(POS)という考え方で、

 
患者さんのニーズを捉えた医療計画を立てる事の
できるこれまでにないシステムで、
製品を通して貢献させて頂くつもりです。
今後とも歯科カルテシステム
Opt.oneもよろしくお願いします!


トップページはこちらです。
歯科用電子カルテ オプテック新潟